発売中のGT-RマガジンVol.148(8/1発売号)で、今回も注目したい記事が
連載3回目となる「調律の系譜」。

今回のテーマは「ターボ」。
アドバイザーを務めるのは、昨年の鈴鹿RH9走行会ではR35で好タイムをマークした
ウエストスポーツ(広島県)の代表・亀谷氏。

かつて不安の多かったターボのイメージを一掃したBNR32の登場。
当時を振り返りながらトラブル事案に触れ、克服した方法や純正タービンの進化に話はおよぶ。

また、チューニングメーカーから次々リリースされたターボキットそれぞれの特性。
切り離すことのできない制御系の話題。

さらには、シングルターボ、ツインターボの用途による選択法からR35のターボチューンまで、
GT-Rシリーズを網羅する内容が、多数の写真と共に6ページに渡って綴られている。

改めてGT-Rのタービン&チューンについて学べる、オーナー必見の内容。
詳細はぜひ、誌面で!

ウエストスポーツへのお問い合わせはこちら!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
http://waste.co.jp