発売中のレブスピード6月号(4/25発売号)では、叫ばれて久しい「若者のクルマ離れ」について多数のユーザーカーを紹介。近年サーキットにはフレッシュ層が増えている!という記事を展開。RH9メンバーSHOP関連では、トップフューエル(三重県)が手掛けた車両も掲載されている。

ちなみに、後半のスイストスポーツ最新情報では、鈴鹿2分23秒722の記録を持つ同社のチューンドZC33Sが登場。こちらも合わせてチェックしたい。

ブレーキの特集記事では、PRO SHOP SCREEN(宮城県)がD2 JapanとのWネームで開発を進めるGRスープラをテスト。リアは純正電動パーキングにも対応する最新D2キャリパーのトータル性能とは? プロドライバー・佐々木雅弘選手監修の「MASA-SPEC」にも注目。このブレーキテストの様子は付録のDVDにも収められており、オンボード&脚運びが同時に観られる。

また、同DVDには鈴鹿で最速タイムを刻んだウエストスポーツ(広島県)迷彩R35も登場。代表の亀谷氏のインタビューや岡山国際サーキットでの車載映像、装着するRAYSホイールの魅力が収められている。

詳しくはぜひ書店、通販で!