毎月、様々なチューニング情報を発信するオプション誌の8月号(6/26発売号)が発売された。目玉企画は、経済を活性化させる目的でもある給付金10万円の使い道について、走り屋的活用術を特集。パーツ購入やチューンだけでなくクルマを買う、借りるプランなどバラエティに富んだ内容となっている。

RH9メンバーショップ関連記事では、web「インプレッサネット」でもお馴染みのt-get(埼玉県)がフラッシュエディターを駆使したWRXのECUチューニングプランを紹介。オリジナルデータ入りエディターが10万円以内で入手できるほか、吸排気パーツ等のチューン、予算に応じたメニューもある。

また、モノクロページにある「ボーナスフェアクーポン券」持参でディスカウントが受けられる、オプション読者限定のSPLキャンペーンを展開。RH9より下記ショップが参加している。いずれも特別価格が提示されているので、お目当てのモノがあれば活用しない手はない!
ライズアップ(北海道)
カーステーション マルシェ(群馬県)
JUNオートメカニック(埼玉県)
佐藤商会/RSパンテーラ(静岡県)
Street Special ガレージ八幡(愛知県)
トップフューエル(三重県)
ピットロードMマシンファクトリー(兵庫県)
車工房ディサイド(福岡県)
それぞれ期間、数量限定などの条件があるため、詳しくは必ず誌面にてチェックを!

後半ページでは、高速周回路・全開テストにてEVO X&WRXを検証。カーステーション マルシェ(群馬県)は仕様の異なる2台のWRX STIを。ウイング・タケオ(三重県)はブーストアップ仕様のEVO Xをそれぞれ持ち込みアタックを行った。最高速はもちろん、各速度到達タイムや詳しいスペックなど、両車両オーナーには必見の内容。

詳しくは書店、通販にて。