今号156回目となるGT-Rマガジン(12/1発売号)が絶賛発売中だ。巻頭でのGT-Rの未来を考える企画に続き、中盤では今年コロナの影響でイベントをスリム化しながらも撮影会という形で開催にこぎつけた「Rsミーティング2020」をレポート。急遽出展数を絞って実現したメーカー&ショップブース紹介では、RH9メンバーショップからトップシークレット(千葉県)フェニックスパワー(福井県/京都府)グローバルオート(大阪府)が登場。車両写真やスペック等がつづられている。

また、グローバルオートについては、別ページでも取材記事があり、買取&販売を主軸に車検、チューニングまでトータルでサポートを行う同店の柔軟かつ親身なった買取対応など、取り組みが理解できる内容。

さらに、チューナーの心に残る1台を語るコーナーでは、ガレージ伊藤(大阪府)が登場。代表・伊藤氏が若かりし頃の思い出からガレージのオープン。のめり込んだ1台から様々な困難との遭遇、同店のチューニングにおけるスタンスなど、読めば惹き込まれる記事展開となっている。

なお、今号では綴じ込みで2021年の壁掛けカレンダーも付いているので、年間を通してGT-Rに浸るためにも見逃せない!
詳しくは書店または通販にて!