12月17日(木)全国的に寒波が押し寄せ、早朝は車に薄らと雪が積もるほどの寒さに見舞われた今回の「CLUB RH9走行会SUZUKA 2020」。午前中も時より雪が舞う場面があったものの、走行には大きく影響することもなく、予定通りのスタートとなった。

まずはRH9枠、SHOP枠それぞれのお客様走行の1本目が行われ、別途プロドライバーの同乗レッスルを申し込まれた方もこの時間帯で実施された。また、この「一般走行枠」と、続く「素人最速決定戦(=名称改、ユーザーアタック最速決定戦)」には、日産自動車よりR35 2020 Ver-NISMO(賞典外)がテストを兼ねてエントリー。ドライバーは、飯田 章選手が務めた。

「ユーザーアタック最速決定戦」では、各車ほぼクリアに近いコースで渾身のアタック。ほぼぶっつけ本番とも言える走行枠30分の中でそれぞれがラップを重ねてゆく。このコンテンツでは上位3名にトロフィーが用意され、その行方が注目された。
結果、1位に輝いたのは驚くことにAE85(AE86のグレード違い)カローラレビンを走らせた道堂 晃選手。タイムは2’11.986。R35勢を抑えて見事な走りを披露した。2位はR35 GT-R・大能哲也選手、3位はR35 GT-R・加藤英一選手。それぞれにクリスタルトロフィーが授与された。

▲「ユーザーアタック最速決定戦」表彰。左から、2位大能選手、1位道堂選手、3位加藤選手。

▲「ユーザーアタック最速決定戦」道堂選手が駆るAE85レビン。R35勢を抑え見事1位に輝いた。

▲デモカーアタック1本目に向け各車両がスタンバイ。続々とコースに流れ込んで行く。

そして、走行会午前の部を締めくくるデモカーアタックが始まる。このコンテンツには15社、27台が出走。内訳はR35が14台、その他の車種が13台と半々の台数で、これをクラス分けとして1本目はまずR35クラスからコースインした。午後の2本目もあるため現状のセッティングを確かめるかのようにアタックする車両もある。R35クラスのTOPはフェニックスパワー1号車(谷口選手)次いで、ウイング・タケオ(佐々木選手)で、この2台が2分5秒台となった。1本目から早くも昨年の記録に1秒差まで迫るタイムに、午後の争いに期待が高まる。

▲R35 GT-Rクラスに次いでその他の車種クラスがアタックへ。バラエティに富んだ車両が参加した。

その他の車種クラスでは、TOPタイムと2番手にPRO SHOP SCREEN with D2japanの86(蒲生選手)2分12秒台とGRスープラ(佐々木選手)2分14秒台が入る。このクラスも各部の調整を図っての2本目が注目された。

▲2本目のデモカーアタックは午前とは走行順が入れ替わり、その他の車種からスタート。

走行会は午後の部に。各一般走行の2本目が終了し、再びデモカーアタックの2本目。午前とは逆にその他の車種からスタート。インターバルを挟みセッティングを詰めてきた、PRO SHOP SCREEN with D2japanの86(蒲生選手)が2’10.795でTOPタイム。午前と同じくGRスープラ(佐々木選手)が2’13.368で2番手。共に自己ベストを更新した。

▲PRO SHOP SCREEN with D2japanの86とGRスープラが自己ベストでクラスワンツーを飾った。

▲最後を締めくくるデモカーR35クラスの2本目が始まる。

走行会最後を飾るR35クラスでは、ウイング・タケオ(佐々木選手)が開始早々に昨年のウエストスポーツ(2’04.649)の記録を塗り替える2’04.309でタイム表示モニターのTOPに。同社PITでは大きな拍手と歓声が沸き起こった。

▲アタック開始でいきなりウイング・タケオ(佐々木選手)が2’04.309を叩き出しどよめきが起きた。

1本目にTOPだったフェニックスパワー1号車(谷口選手)も黙ってはいられない。2周目には4秒台に突入するもTOPにはわずかに及ばない。しかし、終了間際のラスト1周にドラマは待っていた。モニターに映し出された数字は、2’04.218。フェニックスパワー1号車、大逆転の瞬間だった。新たなレコードの誕生はチューニング技術の進化やドライバーのテクニックはもちろん、フュージャータイヤの威力も改めて印象付ける結果となった。

▲最後にドラマは待っていた。フェニックスパワー1号車(谷口選手)2’04.218、見事な逆転劇となった。

※出走各車のリザルト等については、各ショップホームページまたは今後掲載される雑誌、webにてご覧ください。

これを持って、CLUB RH9走行会SUZUKA 2020は閉幕。ご参加いただいた一般ドライバーの皆様、レーシングドライバー並びにショップ&メーカー各関係者の皆様、ありがとうございました。そして、ご覧の皆様、今後もCLUB RH9の活動にご期待ください。

[参加プロドライバー・50音順/敬称略] 青木孝行 / 飯田 章 / 井入宏之 / 片岡龍也 / 蒲生尚弥 / 菊池 靖 / 木下みつひろ / 久保凛太郎 / 佐々木雅弘 / 佐藤公哉 / 柴田優作 / 谷口信輝 / 堤 優威 / 前嶋秀司 / 山田英二 / 吉田広樹

[参加ショップ&メーカー・50音順] ings / ウイング・タケオ / エンドレス / カーステーション マルシェ / ガレージ八幡 / グローバルオート / 佐藤商会 / サブライブ / TMワークス / トップフューエル / ピットロードMマシンファクトリー / フェニックスパワー / PRO SHOP SCREEN / ラッシュファクトリー / リバーテック(共催:ガレージ デュ・ヴァン / アムクレイド中部支部)