創刊40周年イヤーに突入した月刊誌・オプション4月号(2/26発売号)が発売された。巻頭特集では車のカッコ良さの要となるスタイリングをフューチャー。ボディワークとホイールの相関関係に迫る内容。
また、RH9関連では、フェニックスパワー(福井県/京都府)が昨年5月に行ったGRスープラ&スカイライン400Rの最高速テスト・第1ラウンドからおよそ9ヶ月。各部を見直し、修正が図られた2台が再びチャレンジした第2ラウンドをレポート。車両の詳細や新たに浮かび上がった問題点など、共にブーストアップのストリート仕様という身近なスペックでの挑戦だけに興味深いに記事となっている。

さらに、前号に続き「RH9走行会 in 鈴鹿」レポートのパート2では、GT-R以外の車種に注目。R35とも渡り合える2分10秒台を叩き出した、PRO SHOP SCREEN(宮城県)86を筆頭に、同社Z34&GRスープラが登場。続くページでは、カーステーション マルシェ(群馬県)WRX STI、佐藤商会(静岡県/RSパンテーラ)RX-7&RX-8、ピットロードMマシンファクトリー(兵庫県)BRZ&BNR34 GT-R、フェニックスパワー(福井県/京都府)シビックTYPE-R&GRスープラ、トップフューエル(三重県)ZC33S&S660と、バラエティに富んだ車種が誌面を飾る。各車のタイムや記事をじっくり読んでみたい。

詳しくは書店または通販にて!