バックナンバーを保存しているファンも多い、お馴染みの専門誌・GT-Rマガジン NO.161(10/1発売号)が発売された。今号は「レアモノRの系譜」と題し、歴代Rの数々の限定車からNISMO、HKSのコンプリートカーなど、珍しいモデルを一挙公開。単なるカタログページに終わらず、各車見開きページでじっくり紹介されているのが嬉しいところ。世界に誇るスポーツ車両とあってそのスペシャリティの数に驚かされる。
また、最新22年モデルについても速報でたっぷり紹介されているので見逃せない。

RH9メンバーSHOP関連では、フェニックスパワー(福井県/京都府)に同店チューンドユーザーが集合。今回はあえてECUセッティングを中心としたライトチューン仕様を集め、ハードユーザーだけではない、同店の幅広い対応力を知ることができる。また、後半ページでは、発売直後から開発を進めるスカイライン400Rを取り上げ、弱点克服とその先のパワーアップの展望が綴られている。VR30DDTTは侮れない。

SHOPの取り組みを連載で伝える企画には、ガレージ伊藤(大阪府)が登場。1回目として創業38年を迎えた老舗ショップのGT-Rとの関わり。サーキット・イベントでの挑戦記録。今もなお可能性を追求するRB26チューンについて。同店のこだわりを読み解くことができる内容。別ページの新作RAYSホイール記事でも装着デモカーが掲載されているので、こちらもお見逃しなく。

そのほか、内容盛り沢山の詳細は書店または通販にて!